風俗ログ

 >  > 日立のデリヘルは労働者の癒し、・・・ではないのか?

日立のデリヘルは労働者の癒し、・・・ではないのか?

茨城県日立市は茨城県北部の海沿いの市で海水浴は山岳地方に囲まれている地形ですので、夏季には海水浴やキャンプを楽しむことが出来るのです。また日立市は日立さくらまつりが非常に有名でユネスコ無形文化遺産に指定されるほど大きな桜祭りなのです。春季にこのお祭りは開催され、多くの人が訪れ桜の花を愛でます。また日立駅を2~3キロ内陸側に北上するとかみねというエリアにいけます。ここでは遊園地や大きな公園、動物園があり茨城県唯一のレジャーパークになります。季節ごとに大きなイベントのある日立市では大人や子供関係なく1年を通して楽しめる街なのです。また、この日立市は有名な企業の一つである日立製作所の発祥の地で、商社工場が多い街なのです。日立の商社工場で働く男性は多く、その工場近くには遊べるような施設が少ないのです。駅周辺では小規模しか発展していないので少し離れてしまうとすぐに住宅街となっており、仕事終わりに遊びに行くなんてことはできないような駅になっています。またすぐ東側は海が見えるので駅から海を眺めることが出来るので非常に景観は美しいです。さて、日立市は商社が多く工場やオフィスが駅周辺に点在しておりますが、ここの人たちは何処で遊んでいるのでしょうか。そもそも電車ではなく車で通勤する方が多そうなエリアですが、それにしても娯楽を楽しめるお店等がなく非常につまらない街だなという印象を受けます。ですが駅前には大きな大手ビジネスホテルや高級そうなホテルがあり、ここでならデリヘルも運営できそうな印象はありますが、それにしてもコンビニすら近くにないので非常に不便さを感じてしまいます。日立のデリヘルは他のエリアに比べたら少ないと感じてしまうかもしれませんが、20前後の店舗が運営しています。そのデリヘル店では人妻店か20代が中心に揃っている一般的なデリヘル店しかありません。一応風俗店もあるようですが、そこまで栄えておらず需要もそんなに多くないという事から店舗数も控えめなのではないでしょうか。私の見解では日立市は労働者が多いので日ごろの労やストレスを解消する為に意外と風俗店が多いのかと思ってたのですが存外、そうでもないことがよくわかりました。しかし、デリヘルが栄える余地はまだまだこの日立市にはあるのでこれからの発展を期待しています。

[ 2014-01-01 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

茨城・日立デリヘル「REDロ-ズ」