MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ラクサールクリーム5%は、エムラクリームと同じ量のリドカイン、プリロカインを含む外用局所麻酔薬です。

 

「脱毛の際の痛みを何とか和らげたい」
「ダーマローラーの痛みを緩和したい」
「タトゥーの痛みをなんとかしたい」

 

そんな方にピッタリなのがラクサールクリームと言えるでしょう。

 

ラクサールクリーム即効性がある局所麻酔薬なのでレーザー脱毛の際の痛みなどを気にする必要がなくなりますよ。

 

ラクサールクリームは個人輸入代行のオオサカ堂で最安値で通販可能なので試してみると良いでしょう。

 

 

局所麻酔薬のラクサールクリームとは

 

ラクサールクリームとは、外用の局所麻酔薬です。
この手の先発医薬品であるエムラクリームと同じ成分を同量配合しています。

 

プリロカイン

 

具体的には、リドカインとプリロカイン成分です。
ラクサールクリーム1g当りに両成分が25mgずつ含まれています。

 

1回の使用量は大人の場合、1g〜2g程になっているので、それらの成分は25mg〜50mgといった量になります。
年齢によって、また塗る範囲などによって量を変えるとよいそうです。

 

用途としては、例えば麻酔注射が痛くて我慢が出来ないとか、皮膚にレーザーを照射し治療する場合の痛みを軽減するためなどになります。

 

塗ってすぐに感覚がなくなるようなものではなく、塗ってから1時間後ほどで感覚がなくなってくるといったものです。
塗る前にその部分を清潔にし、体毛がある場合は剃っておいたほうがよいそうです。

 

そして充分に乾かしておきます。
クリーム剤なので、チューブから直接肌に厚めに塗り、その上を透明のラップなどで覆います。

 

指などに取ると指にも塗ってしまうことになるので、ラップを使ってのばしたほうがいいかもしれません。
後、個人差があるので、少し試してから自分に合った量を塗るとよいでしょう。

 

医薬品ですので副作用もあります。
ですので、効かないからといって1回の限度量の10gを超えてはいけません。

 

>>ラクサールクリームを最安値で購入する<<

 

 

ラクサールクリームの通販はお得!

 

ラクサールクリームは、家庭用脱毛器やレーザー脱毛機器で脱毛する時の痛みを和らげるために使用されているクリームです。
このクリームはこうした脱毛時の痛みを緩和してくれるので、常備しておくと便利です。

 

このクリームは1本の容量が30gで、通常の最大サイズになっています。
全身の脱毛で使用する場合には大体1回から2回くらいでなくなるので、ストック分があると便利です。

 

ラクサールクリームは男性が髭脱毛を自宅でする時でも便利です。
このクリームは一般的なショッピングモールでは販売されておらず、海外から個人輸入して通販購入するとリーズナブルに購入できて便利だと言われています。

 

通販する女性

 

個人輸入を行って購入する場合には、個人輸入代行業者のサイトにアクセスして商品の購入手続きを行なえば自宅まで届けてもらえるのでとても便利です。
海外通販も通常のネットモールなどで購入するのと同じ感覚で行うことができます。

 

また、海外から個人輸入した方がお得な価格で購入できると言われています。
例えば、2本以上まとめて購入すると、通販購入価格が割引になるといったことなどが行われている場合もあり、そうしたサイトから購入するとさらにお得に購入できます。

 

>>ラクサールクリームを最安値で購入する<<

 

 

ラクサールクリームの最安値は楽天とアマゾンとどちらなのか?

 

今は何でも通販を利用して購入できる時代と言われています。
大手通販サイトの楽天やアマゾンでは様々な商品が取り扱われていますし、利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

たとえばラクサールクリーム塗り薬タイプの麻酔薬が有りますが、こちらは脱毛サロンやクリニックなどでしばしば使われている物です。
脱毛時には痛みを伴いますが、このラクサールクリームを使う事で痛みを緩和できます。

 

しかしクリニックで依頼しますと1回3000円近くかかる場合もあります。
自己処理の際に自己責任で使用される方もいますし、もし手に入れたい場合には処方薬ではありませんが個人輸入で手に入れることが出来ます。

 

輸入

 

楽天やアマゾンでは現段階では取扱いが有りませんので、個人輸入のサイトや医薬品の専門サイトなどを利用する事になります。
ちなみに同じ薬であっても利用するサイトによってお値段が異なる場合もありますので、最安値を探して購入する事をお勧めします。

 

信頼されているサイトの特徴は、運営されている年数が長い所、そして口コミ評判で高評価されている事です。
こういったサイトを探してぜひ購入してみてください。個人輸入は簡単にできます。

 

 

ラクサールクリームは個人輸入できる

 

ラクサールクリームは、皮膚に直接塗るタイプの局所麻酔薬です。
麻酔と言えば、注射針を刺して体内に直接麻酔薬を投入する方法がよく行われていましたが、この方法は痛みを伴うデメリットがあります。

 

注射

 

注射針を刺す際に痛みを感じますし、麻酔薬を体内に入れるときにも、薬剤が広がっていく際に刺激を感じます。
そのような中で、気軽に、そして痛みを感じずに使用できる麻酔として、ジェル状のものやスプレー状のものが開発されたことがあります。

 

しかしこれらのタイプは、痛みを感じない一方で、皮膚への透過性が低い点が新たなデメリットとして生じるようになりました。
その後さらに開発されたのが、ラクサールクリームのような肌に対して高い透過性を持った麻酔クリームです。

 

皮膚に馴染ませてから1時間程度経つと、成分が皮膚の内側に浸透して神経を一部麻痺させます。
そうすることで痛みを感じないようにできるのです。

 

最近では、これまでのデメリットを解消できる新たな麻酔薬として、医療レーザーを照射する際の痛みを緩和するためなどに使用されています。

 

以上のようなラクサールクリームですが、実は個人輸入形で購入可能です。
もちろん、購入後は正しい使用法に基づいて使うことが大切です。

 

 

ラクサールクリームの効果について

 

ラクサールクリームは、外から塗ることのできる部分用麻酔薬で、高い局所麻酔効果を発揮するのが特徴です。
主に、医療用レーザーなどを照射する際の刺激を緩和したいときなどに使用が多くあります。

 

本来麻酔といえば、体内に注射などで専用の薬剤を注入する方法が一般的でした。
しかしその場合、注射をする際に痛みを感じたり、薬剤が体内に広がる際に痛みを感じる場合があり、この点が大きなデメリットの一つでした。

 

以上のような背景から、スプレータイプ、ゼリータイプの麻酔薬が開発されましたが、肌への浸透性が低いことから麻酔としての有用性が薄い点が問題となりました。

 

クリーム

 

ですがこのラクサールクリームであれば、肌に対して高い浸透性を誇るため、麻酔としての効果を十分に発揮します。
当然、外から塗るタイプの薬であることから、痛みが気になることもありません。

 

使い方としては、清潔にした肌の上に塗り、ラップなどで覆うようにします。
そのまま1時間程度の時間が経つと、薬が肌に浸透して神経の一部を麻痺させていきます。

 

その状態でレーザー照射などの施術を行うようにしましょう。
もちろん、効果の現れ方は個人によって差があるため注意が必要です。

 

 

ラクサールクリームに副作用はある?

 

塗り薬にも色々な種類がありますが、ラクサールクリームは鎮痛用の薬、塗るだけで鎮痛効果を発揮してくれる局所麻酔薬です。
クリームなので化粧品を塗る感覚で簡単に使用でき、注射などのような処置時の痛みもありません。

 

リドカイン

 

ラクサールクリームはリドカインとプロプトカイン成分が混合して液化する性質を利用しており、浸透性は抜群です。
神経細胞がある真皮にまで届くので、塗布して30分から1時間ほどで強力に痛みをブロックしてくれます。

 

そんなラクサールクリームは便利に使える麻酔薬ですが、稀に副作用を起こす場合があります。
例えばアレルギー反応やアナフィラキシーショック、皮膚表面の紅斑や蒼白といったことです。

 

使用後に何らかの異常を感じたり体調が悪化した時にはすぐに医者へいき、医師の指示に従うようにしましょう。
またこの商品は敏感肌でも使用できるクリームですが、体質によって痒みや赤み、虫さされのような白い発疹が起る場合もあります。

 

ですから、いきなり商品を使用するよりもまずは二の腕の裏などの柔らかくて目立たない場所でパッチテストをしてから使うと安心です。自分の体質に合うようでしたらいざ時の常備薬にくわえると便利でしょう。

 

 

ラクサールクリームはオオサカ堂で購入できる

 

ラクサールクリームは、通販サイトのオオサカ堂で購入できます。
ラクサールクリームとは外用局所麻酔薬で、適用される部位の神経を一時的に麻痺させる働きがあります。

 

 

それにより痛みの伝達を遮断できる薬になります。
即効性があり、直接肌に塗って使用します。

 

ラクサールクリームには、リドカインとプリロカイン成分が配合されています。
どちらも局所麻酔薬に使われる成分で、塗布後1時間程度で効果が現れます。

 

リドカインとプリロカインは皮膚の浸透性に優れているので、非常に高い麻酔効果を発揮できます。
レーザー脱毛を行う際などにも利用されています。

 

局所麻酔薬と注射をするのが一般的ですたが、それだと注射針を刺す時にどうしても痛みが生じてしまいます。
薬が体内に注入される際にも痛みがあります。

 

クリームタイプの局所麻酔薬であれば、そういった痛む心配がありません。
リドカインスプレーやゼリー状の局所麻酔薬などもありますが、皮膚への浸透性が良くないのであまり効果が出ないデメリットがありました。

 

ラクサールクリームは皮膚に浸透しやすいので、塗布後1時間もすれば感覚が無くなります。
痛みに弱い人でも安心して使用できます。

 

 

ラクサールクリームを体験をもとにした口コミ

 

妊娠出産後にお腹に肉割れができてしまったので、どうしてもきれいにしたくてネットの口コミを参考にローラーとラクサールクリームを使用しました。
肉割れ部分にラクサールクリームをたっぷり塗り、乾かないように上からラップで保護して約1時間ほど浸透を待ちます。

 

触ってみて少し痺れるような感じがしたら効いてきた証拠なので、ローラーで肉割れ部分をゴロゴロしていきました。

 

最初に使い始めた時は少し麻酔の効きが悪かったのか、途中チクチクとした痛みを感じることがありましたが、うっすら血がにじんでいることを考えれば、ラムサールクリームのおかげで痛みは和らいでいたのだ実感はありました。

 

だいたい1カ月から2カ月くらい使い続けていくうちに、どのくらいラクサールクリームを塗ればしっかり麻酔が効くかのがだんだんわかってきました。
決して安いものではないので最初はちょっとケチって薄く塗ってしまったのが痛みの原因のようで、2回目からは躊躇しないでたっぷり塗ることにしました。

 

肉割れはと、ローラーでできた傷が治ってくるとともに薄くなっていき、2カ月後には思っていたよりきれいになりました。
ラクサールクリームのおかげで痛みなくできたのでよかったです。